top2
top3
1日コース

加古川のご当地グルメを食べ尽くす!自然体験&絶景スポットも巡る観光モデルコース

加古川といえば、味わっておきたいご当地グルメ「かつめし」。このほか新名物の「ギュッとメシ」や、ご当地スイーツ「おくるみおやつ」など、地元食材を使ったおいしいグルメがいっぱい♪

 

週末限定の朝市や国宝の寺、四季の味覚狩り、絶景スポットなど、観光スポットが目白押し!

 

朝から夜まで食べて遊び尽くす、欲張りさん必見のモデルコースを紹介します。

※価格は全て税込です。

エリアマップ

モデルコース

1

ムサシオープンデパート朝市

kakgoawa_asaichi-2
kakgoawa_asaichi-3

週末はちょっぴり早起き
朝活でエネルギーチャージ

毎週土曜日に開催しているおしゃれなマルシェ「ムサシオープンデパート朝市」。

ドリンクやフードメニューの販売のほか、旬の果物や野菜、生活雑貨などの販売もあります。
野外で楽しめるワークショップやミニイベントも週替わりで開催。子どもから大人まで幅広い世代でも楽しめるよう、休憩スペースも充実しています。

開放感のある会場で季節を感じながら朝ごはんを食べたり、ワークショップに参加したり、有意義な時間が過ごせそう。

車で約20分
2

鶴林寺(かくりんじ)

kakurinji_1
kakurinzi_6

境内には多数の文化財
四季の花が楽しめる名所

聖徳太子が創建したと伝わる寺院「鶴林寺」。

国宝の本堂や太子堂、国指定重要文化財の常行堂、鐘楼、銅像聖観音立像(あいたた観音)など、数多くの文化財を保有しています。

注目したいのは新薬師堂内の脇に並ぶ十二神将の中の「摩虎羅(まこら)大将」。ウインクする仏像としてメディアで紹介され、人気を集めています。

また、関西花の寺の第九番札所に指定されるなど、花の名所としても有名。春になるとツツジやセンダン、初夏には仏教と関係が深い菩提樹や沙羅の花が順に境内を彩ります。

車で約25分
3

みとろ観光果樹園

mitoro_4
mitoro_5

自然と遊ぶ!
旬の味覚を収穫体験

季節によってさまざまな味覚狩りが楽しめる「みとろ観光果樹園」。

夏はスモモ、秋はブドウや栗、柿など、自分で収穫したもぎたての果物が味わえます。
果物によって時間無制限の食べ放題なので、子どもも大人も楽しく収穫体験できそう。

隣接している「みとろフルーツパーク」には、バーベキューガーデンがあり、食材付きのコースも用意。
全長30mの芝すべりの丘や、明石海峡大橋まで見渡すことができる展望台もあります。

さらに、マンゴーやハイビスカスなどの熱帯果樹や植物が約3,800本植えられたクリスタルアーチ(ガラス温室)など、見どころ盛りだくさん!

自然あふれる体験スポットでリフレッシュして。

車で約10分
4

HEROES(ヒーローズ)

heroes_3
heroes_4

地元食材をふんだんに使った
こだわりの和風タコライス

女性オーナーが営むアメリカンカフェ「HEROES」。地産地消にこだわるメニューは全て手作りです。

同店の「ギュッとメシ」は、タコライス風に仕上げた『加古川漬け肉丼』(1,100円)。1日限定5食の人気メニューです。

400年以上の歴史を持つ「高松清太夫老舗」の高松味噌と、酒蔵「岡田本家」の酒粕を合わせた漬けダレで、牛肉をじっくり熟成。新鮮な生野菜をたっぷりトッピングしました。
「日本一のこだわり卵」を絡めるとまろやかな味わいに。風味豊かな和風タコライスは、一度食べるとやみつきになりそう♪

食後には『スムージー』(660円)もおすすめ。窓際の席からは、山桜や紅葉など四季折々の景色が楽しめます。

その他のお店もチェック!
車で約20分
5

ハナフサ洋菓子店

hanafusa_3
hanafusa_1

老舗味噌を使ったパイ菓子
華やかな見た目でお土産にも◎

1936年創業の老舗「ハナフサ洋菓子店」。地元民に愛されるケーキカフェです。

彩り鮮やかなパイ菓子『ぐっDay!』(1個324円)は、老舗糀屋「高松清太夫老舗」の味噌クリームを包んだ「おくるみおやつ」。甘じょっぱく、コクのある味わいがクセになりそう。
加古川産の旬の果物や小豆など、フレーバーは全部で5種類。日替わりで2~3種類を販売しています。※要予約

看板商品の『日岡山チーズケーキ』(1個194円)も要チェック。スフレのような軽い食感で、ベイクドの濃厚な味わいが特徴です。
秋はマロン味、冬はチョコレート味など数量限定で登場します。

その他のお店もチェック!
車で約10分
6

加古川と夕日 (河川敷公園 どうぶつの森広場)

kakogawa_sunset2
kakogawa_sunset_3

オレンジ色に染まる
幻想的な加古川

加古川市のランドマークでもある一級河川「加古川」。その河川敷にある広大な広場「河川敷公園 どうぶつの森広場」は、夕焼けの絶景スポットです。

川の水面にキラキラと反射する夕日は、まさに絶景の一言。沈む夕日を背景に、逆光で映える橋梁(きょうりょう)を撮影するのもおすすめです。

風がなく晴れた日は、ウユニ塩湖のような幻想的な一枚に。

日没前後30分のマジックアワーを狙って訪れてみて。

車で約10分
7

いろは食堂(ビストロ)

iroha_2
iroha_4

かつめしの原点はここにあり!
70年以上変わらない懐かしの味

「いろは食堂」は、1947年創業の老舗。その名を受け継ぎ、洋食店「いろは食堂(ビストロ)」として、4代目オーナーが営んでいます。

創業当時からの人気No1メニューは『牛かつめし』(1,430円)です。

味の決め手は、オリジナルソース。創業当時から変わらぬ秘伝のレシピで、地元野菜や果物、牛すじを40時間以上かけて煮込んでいます。
素材のうま味が溶け込んだ濃厚なソースと牛カツは相性抜群。

このほか、牛ステーキ肉やブランド豚を使ったかつめしもラインアップ。かつめしは全てテイクアウト可能です。

地元の人に愛される歴史ある店で、加古川のソウルフードを堪能して。

その他のお店もチェック!

スポット詳細情報

SPOT ABOUT

営業時間は記載と異なる場合がございますので、詳細は各施設にお問い合わせください。

1

ムサシオープンデパート朝市

TEL
(株)ムサシ:079-429-0303
開催場所
加古川ウェルネスパーク:兵庫県加古川市東神吉町天下原370
平荘町ムサシ物流センター第2駐車場:兵庫県加古川市平荘町里414-1
※不定期で上記2カ所以外の開催もあり
開催日
毎週土曜日
時間
季節や会場により時間が異なります。公式HPで確認を。
駐車場
あり
備考
・今後の状況により中止や時間・場所等の変更になる可能性があります。
・屋外開催のため雨天・荒天時は中止する場合があります。最新情報は公式HPで確認を。
2

鶴林寺(かくりんじ)

所在地
兵庫県加古川市加古川町北在家424
TEL
079-454-7053
拝観時間
9:00~16:30 (17:00閉門)
拝観料
入山料 500円 (小中学生:200円)
宝物館 500円 (小中学生:200円)
入山料と宝物館セット 800円
他、ファミリー割引など各種割引あり
駐車場
あり
3

みとろ観光果樹園

所在地
兵庫県加古川市上荘町見土呂835-4
TEL
079-428-2133
営業時間
9:00~16:30
駐車場
あり
みとろフルーツパーク
TEL:079-428-1113
営業時間:10:00〜18:00
備考
再開発予定地のため、BBQ・芝滑りは2021年10月15日まで営業予定。
最新情報は問い合わせにて確認を。
4

HEROES(ヒーローズ)

所在地
兵庫県加古川市八幡町宗佐1103-1
TEL
079-451-7636
営業時間
月~金 11:30〜18:00
土日祝 11:30〜22:00
定休日
火曜日
駐車場
あり
5

ハナフサ洋菓子店

所在地
兵庫県加古川市加古川町篠原町21-8
TEL
079-422-2357
営業時間
10:00~19:30
定休日
なし
駐車場
なし ※近隣に有料コインパーキングあり
6

加古川と夕日 (河川敷公園 どうぶつの森広場)

所在地
兵庫県加古川市加古川町
駐車場
あり
7

いろは食堂(ビストロ)

所在地
兵庫県加古川市加古川町溝之口73-1
TEL
079-427-7800
営業時間
ランチ 11:00~15:30
ディナー 17:30~21:30
定休日
月曜日
駐車場
あり